ページ

アーロン・トヴェイトが映画「レ・ミゼラブル」のアンジョルラスを演じるまで その13

前記事
アーロン・トヴェイトが映画「レ・ミゼラブル」のアンジョルラスを演じるまで その12

映画「「Howl」で主人公の恋人役を演じたアーロン・トヴェイト。
2011年3月11日、彼はブロードウェイの舞台に帰ってきた。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンCatch Me If You Can」のフランク・アバグネイルとして。

アーロンがフランク・アバグネイルを演じたニール・サイモン劇場。
大きな地図で見る 

これで彼はふたつのブロードウェイミュージカルのオリジナル・キャストとなった。
「ネクスト・トゥ・ノーマル」のゲイブ役に続いて。

ブロードウェイのオリジナルミュージカルは思ったより少ない。
ロンドンから話題作がやってくる、新作よりもリバイバル公演が好まれる、オフ・ブロードウェイや他の都市でのトライアウトではねられる作品も多い、などがその理由だろう。
この過酷な条件を乗り越えて、ふたつのオリジナルミュージカルを成功させたアーロン・トヴェイトは素晴らしいアクターと言えるだろう。





アーロン・トヴェイトが映画「レ・ミゼラブル」のアンジョルラスを演じるまで

その1 「レント」「ヘアスプレー」
その2 「CALVIN BERGER」「三銃士」「ネクスト・トゥ・ノーマル」
その3 「ヘアスプレー」「セイブド」「ウィケッド」
その4 「ネクスト・トゥ・ノーマル」
その5 トニー賞パフォーマンス
その6 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
その7 「オー!マイ・ゴースト」
その8 「ゴシップガール」
その9 「レント」
その10 「アグリー・ベティ」
その11 「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」
その12 「Howl」
その13 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

0 件のコメント: