ページ

トム・ホランドが映画「インポッシブル」のルーカス役を演じるまで




トム・ホランド(Thomas "Tom" Holland)は1998年6月1日生まれ。
グレーター・ロンドンのキングストン・アポン・テムズ王立特別区の出身。
母ニコラは写真家、父ドミニクはコメディアンである。

ホランドはダンススクールでヒップホップを学ぶ。
2006年、Richmond Dance Festival でのパフォーマンスが脚光を浴びる。

8度に渡るオーディション、2年に及ぶトレーニングを経て、
2008年6月28日、映画の「リトル・ダンサー」を元にしたミュージカル「ビリー・エリオット Billy Elliot the Musical」のステージでウェストエンドでのデビューを果たす。
役はビリーの親友であるマイケル。

2008年9月8日より主役のビリーを演じる。
2010年の5月29日まで。

(トム・ホランドに限らず、Billy Elliot the Musicalのパフォーマンスには、みんな目を剥くと思う。子どもたちが芸達者すぎる)

ビリー・エリオットを去って2ヶ月後、「インポッシブル」のオーディションに合格。

イギリスの映画雑誌エンパイアが主催し、読者の投票によって決まるエンパイア賞の新人男優賞を受賞(新人女優賞は「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ、サマンサ・バークス)。
--------------------------------------------

「レ・ミゼラブル」のサマンサ・バークスとアーロン・トヴェイト(アンジョルラス役)に続いて、ミュージカル出身の映画スターが生まれた。
今後の活躍が楽しみだ。


ロンドンミュージカルのフリーライブ、ウェストエンド・ライブ West End Live

ロンドンのミュージカル劇団が野外ステージでライブを行うウェスト・エンド・ライブ。
今年は6月22日(土)11時から18時、23日(日)12時から18時にかけて行われる。
会場はトラファルガー広場。


ロンドンの「レ・ミゼラブル」カンパニーがライブを行うかどうかは、詳細が発表されていないので、現時点では不明。

2013 ブロードウェイ・ドット・コム Audience Choice Awardsのプレゼンターにアーロン・トヴェイトが登場

少々古いニュース。

アーロン・トヴェイトが2013年ブロードウェイ・ドット・コムの観客の選んだ賞(2013 Broadway.com Audience Choice Awards)のFavorite Replacement部門(もっとも好ましい(役の)交代)のプレゼンターを務めた。
受賞したのは「オペラ座の怪人」でクリスティーヌを演じたシエラ・ボーゲス。

Favorite Replacement。何だか前に演じていた役者さんがかわいそうになってくる賞だけど、役者の世界は厳しい。仕方ないのかもしれない。

DVD発売のプロモーションで「レ・ミゼラブル」のキャストが来日する模様・・・についてお詫び

小芝居ブログ: DVD発売のプロモーションで「レ・ミゼラブル」のキャストが来日する模様

上記の記事に下記のとおり、追記しました。
申し訳ない。


エディ君|菊間千乃 Official Blog:

菊間弁護士のブログの続きを読んだら、何のことはない答えがあった。
エディ・レッドメインが来日していたのか。
サマンサ・バークスはすでにロンドンでDVD発売のプロモーションのためのパフォーマンスをしている。
これ以上のプロモーションがあるとは考えにくい。

私のうっかりな投稿で過度な期待を抱いた方がおられたら、申し訳ない。

(追記その1)

海外ドラマNAVIのエディ・レッドメインのインタビュー
スタッフ突撃レポート:オーディションはiPhoneで!? 映画『レ・ミゼラブル』マリウス役エディ・レッドメインにインタビュー! | 海外ドラマNAVI:

日本の美しい便箋で文を送るのは素晴らしく良いことだね。異文化の接触だ。


LEE (リー) 2013年 07月号 [雑誌]
LEE (リー) 2013年 07月号 [雑誌]

DVD発売のプロモーションで「レ・ミゼラブル」のキャストが来日する模様・・・よく調べると既にプロモーションは終わっていました

レ・ミゼラブル舞台版|菊間千乃 Official Blog:より

DVD発売のプロモーションでキャストの誰かが来日するらしい。

ヒューやアンやラッセルがやって来るとは考えにくい。
だからサマンサ・バークスあるいはアーロン・トヴェイトあるいはエディ・レッドメインが
日本へやって来るかもしれない。
この3人は映画公開のプロモーションでは、日本に来なかったと思う。

ちょっと期待してみよう。

(追記)
エディ君|菊間千乃 Official Blog:

菊間弁護士のブログの続きを読んだら、何のことはない答えがあった。
エディ・レッドメインが来日していたのか。
サマンサ・バークスはすでにロンドンでDVD発売のプロモーションのためのパフォーマンスをしている。
これ以上のプロモーションがあるとは考えにくい。

私のうっかりな投稿で過度な期待を抱いた方がおられたら、申し訳ない。

(追記その2)
海外ドラマNAVIのエディ・レッドメインのインタビュー
スタッフ突撃レポート:オーディションはiPhoneで!? 映画『レ・ミゼラブル』マリウス役エディ・レッドメインにインタビュー! | 海外ドラマNAVI:
日本の美しい便箋で文を送るのは素晴らしい。とても良いことだね。異文化の接触だ。



「レ・ミゼラブル」オーストラリア公演は2014年6月から

公演が行われるメルボルン、ハーマジェスティシアター
最後の扉絵で2014年6月から公演開始とのこと。
http://www.hmt.com.au/

日本とメルボルン間には格安航空会社ジェットスターが就航している。
あくまでも1例だけど、ゴールドコーストかケアンズでの乗り換え経由で
14時間から16時間の行程だ。
最も安く観劇できる英語の「レ・ミゼラブル」となるかもしれない。
オーストラリアの観光資源と「レ・ミゼラブル」の組み合わせは魅力的だ。

メルボルン

大きな地図で見る

ハーマジェスティズシアター

大きな地図で見る

劇場の外観

大きな地図で見る

劇場の近辺のチャイナタウンは1850年代のゴールドラッシュ時代に始まる。
メルボルンの中で最も人気がある観光地域のひとつ。

「レ・ミゼラブル」北米ナショナルツアーのスケジュール

「レ・ミゼラブル」北米ナショナルツアーのスケジュール。
http://www.facebook.com/lesmisontour/app_190322544333196

北米を東から西へ、南から北へ。
全国のファンに「レ・ミゼラブル」を届ける旅だ。

主要キャストやアンサンブルの中には将来のサマンサ・バークスや
アーロン・トヴェイトがいるかもしれない。

「レント」ミュージカル・ナンバー Roger



Act 1

"Tune Up #1" — Mark and Roger
"Voice Mail #1" — Mark's Mother
"Tune Up #2" — Mark, Roger, Collins and Benny
"Rent" — Mark, Roger, Benny, Collins, Joanne and Company
"You Okay Honey?" — Preachers, Angel and Collins
"Tune Up #3" — Mark and Roger
"One Song Glory" — Roger
"Light My Candle" — Mimi and Roger
"Voice Mail #2" — Mr. and Mrs. Jefferson
"Today 4 U" — Collins, Roger, Mark and Angel
"You'll See" — Benny, Mark, Roger, Collins and Angel
"Tango: Maureen" — Joanne and Mark
"Life Support" — Gordon, Paul, Mark and Company
"Out Tonight" — Mimi
"Another Day" — Mimi, Roger and Company
"Will I?" — Steve and Company          
"On the Street" — Preachers, Squeegee Man, Mark, Collins, Angel and homeless woman.
"Santa Fe" — Collins, Angel, Mark and Company
"I'll Cover You" — Angel and Collins
"We're Okay" — Joanne
"Christmas Bells" — Company
"Over the Moon" — Maureen
"Over the Moon Playoff" — The Band
"La Vie Bohème A" — Mark, the waiter, Roger, Benny, Mimi, Collins, Angel, Maureen, Joanne, Mr. Grey and Company
"I Should Tell You" — Mimi and Roger
"La Vie Bohème B" — Maureen, Collins, Joanne, Boheme girl, Mark, Angel and Company

Act 2
"Seasons of Love" — Company 
"Happy New Year A" — Mark, Roger, Mimi, Collins, Angel, Maureen, and Joanne
"Voice Mail #3" — Mark's Mother and Alexi Darling
"Happy New Year B" — Mark, Roger, Mimi, Collins, Angel, Maureen, Joanne, and Benny
"Take Me or Leave Me" — Maureen and Joanne
"Seasons of Love B" — Company
"Without You" — Roger and Mimi
"Voice Mail #4" — Alexi Darling
"Contact" — Angel and Company
"I'll Cover You" (Reprise) — Collins and Company
"Halloween" — Mark
"Goodbye Love" — Mark, Roger, Mimi, Collins, Maureen, Joanne, and Benny
"What You Own" — Roger and Mark
"Voice Mail #5" — Roger's Mother, Mimi's Mother, Mr. Jefferson, and Mark's Mother
"Finale A" — Preachers, Mark, Roger, Collins, Maureen, Joanne, and Mimi
"Your Eyes" — Roger
"Finale B" — Company
"Playout (I'll Cover You)" — The Band

「レ・ミゼラブル」 2013トロント・リバイバル

「レ・ミゼラブル」のトロントでのリバイバル公演の詳細が判明。

プリンス・オブ・ウェールズ劇場で9月23日27日から。
ジャン・バルジャンをラミン・カリムルーRamin Karimloo(25周年記念コンサートのアンジョルラス、オペラ座の怪人25周年記念公演のファントム)が演じる。
エポニーヌを演じるのはカナディアンアイドルのシーズン3チャンピオンのメリッサ・オニールMelissa O'Neil(ダーティ・ダンシング・ミュージカル)。

キャスト
ラミン・カリムルー・・・ジャンバルジャン
アール・カーペンター・・・ジャベール
Genevieve Leclerc・・・ファンティーヌ
Samantha Hill・・・コゼット
メリッサ・オニール・・・エポニーヌ

この秋冬にトロント近辺を旅行される方は寄られてみるのも一興かと。
ちなみにブロードウェイでのリバイバルは2014年3月から。

mirvish.com Les Misérables
http://www.mirvish.com/shows/lesmis%C3%A9rables
2013 Toronto revival
http://en.wikipedia.org/wiki/Les_Mis%C3%A9rables_(musical)#2013_Toronto_revival

(追記)
チケット販売が始まっている(上記のリンク参照)
平日の夜で$45から$150。


プリンス・オブ・ウェールズ劇場

大きな地図で見る

アーロン・トヴェイトの主演ドラマ「グレイスランド Graceland」

ハイスクールのスポーツヒーローのようなルックスを持つアーロン・トヴェイトの主演ドラマ。

FBIとDEA(麻薬取締局)、US税関の共同作戦。浜辺の別荘を舞台に?

とても怪しい設定だ。
グレイスランドと呼ばれるこの別荘は連邦政府の隠れ家、連絡場所、アジトという設定らしい。

アーロン・トヴェイトはFBIのルーキー捜査官を演じる。
・・・ルーキーの似合う俳優だ。

6月6日にアメリカで放送開始。

キャスト

マイク・ウォーレンMike Warren・・・アーロン・トヴェイトAaron Tveit
ポール・ブリッグズPaul Briggs・・・ダニエル・サンジャッタDaniel Sunjata
ペイジ・アーキンPaige Arkin・・・セリンダ・スワンSerinda Swan
チャーリー・ロペス・・・ヴァネッサ・フェルリトVanessa Ferlito
デイル・ジェイクスDale Jakes・・・ブランドン・ジェイ・マクラーレンBrandon Jay McLaren
ジョニー・トゥトゥーロJohnny Tuturro・・・マニー・モンタナManny Montana
ホアン・バディーロJuan Badillo・・・ペドロ・パスカルPedro Pascal
アビーAbby・・・Jenn Proske

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その9

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その8


エディ・レッドメインは「イエロー・ハンカチーフ」に続いて2008年2月29日公開の「ブーリン家の姉妹 The Other Boleyn Girl」に出演する。
演じるのはウィリアム・スタッフォード。
「田舎へ行こう」と説得刷る場面は説得力があった。
共演はナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ。
エディ・レッドメインはデビュー作の「link Minds」を除いて、すべてメジャーなスターと共演している。

6/24(月)NHKBSプレミアムで放送される予定だ。
午後9:00~10:56 
プレミアムシネマ  「ブーリン家の姉妹」


ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]
ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]



エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役
同年 その5 「グッド・シェパード」 エドワード・ウィルソン・ジュニア役
2007 その6 「美しすぎる母」 アントニー役
同年 その7 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 トーマス・バビントン役
2008 その8 「イエロー・ハンカチーフ」 ゴーディ役
2009 その9 「ブーリン家の姉妹」 ウィリアム・スタッフォード役

(続く)

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その8

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その7

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」に続き、エディ・レッドメインは2008年1月18日に公開されたアメリカ南部のロードムービー、「イエロー・ハンカチーフ The Yellow Handkerchief 」に出演する。
これは「幸せの黄色いハンカチ」のリメイク作だ。
エディ・レッドメインはテンションの高い、やや挙動不審な若者ゴーディを演じる。
車上生活者のカップルに、どつかれて、はやし立てられる場面が印象的だ。

(追記)
エディの演技は武田鉄矢を意識しているような気がする。


イエロー・ハンカチーフ [DVD]
イエロー・ハンカチーフ [DVD]


エディ・レッドメインのここまで


1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役
同年 その5 「グッド・シェパード」 エドワード・ウィルソン・ジュニア役
2007 その6 「美しすぎる母」 アントニー役
同年 その7 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 トーマス・バビントン役
2008 その8 「イエロー・ハンカチーフ」 ゴーディ役


エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その7

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その6

「美しすぎる母 Savage Grace」に続いて、エディ・レッドメインは2007年10月12日公開の映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ Elizabeth: The Golden Age」に出演する。
彼にとっては「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜 Elizabeth I」に続く、この時代の作品だ。
共演はケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライブ・オーウェン。

エディ・レッドメインはトーマス・バビントン Babingtonを演じる。
彼の山場での演技は見事だ。
やりとげようとする意思、エリザベスを支配できたという恍惚、それがすぐに疑問、そして逡巡へと変化する。
エディは「レ・ミゼラブル」の"A Heart Full of Love"の場面のように、抑制しつつもあふれる感情の高ぶりの表現がうまい。
舞台での経験によるものだろうか。

翌年2008年は、サマンサ・バークスが「BBC I'd Do Anything」に出場して視聴者を唸らせ、一方大西洋の向こうではアーロン・トヴェイトが「Next To Normal」でニューヨークのミュージカル好きを感嘆させる年である。
「レ・ミゼラブル」の若いキャストたちはその才能の萌芽を見せつつあった。


エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]
エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]



エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役
同年 その5 「グッド・シェパード」 エドワード・ウィルソン・ジュニア役
2007 その6 「美しすぎる母」 アントニー役
同年 その7 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 トーマス・バビントン役

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その6

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その5

「グッド・シェパード」に続いて、エディ・レッドメインは2007年5月18日カンヌで公開された映画「美しすぎる母Savage Grace」に出演する。

共演はジュリアン・ムーア、「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜 Elizabeth I」で共演したヒュー・ダンシ-。

大富豪の息子と結婚して社交界の名士婦人となったバーバラ・ベークランド(ジュリアン・ムーア)とその息子アントニー(エディ・レッドメイン)との関係を描いた作品だ。

エディ・レッドメインは芸の幅を広げていく。


美しすぎる母 [DVD]
美しすぎる母 [DVD]

エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役
同年 その5 「グッド・シェパード」 エドワード・ウィルソン・ジュニア役
2007 その6 「美しすぎる母」 アントニー役

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その5

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その4

2006年、「悪魔のルームメイト(ザ・デンジャラス・マインド) Like Minds」で映画デビューを果たしたエディ・レッドメイン。

次の映画はロバート・デ・ニーロが監督、マット・ディモンとアンジョリーナ・ジョリーがCIA工作員とその妻を演じた「グッド・シェパード The Good Shepherd」だ。
エディ・レッドメインは後にCIA工作員となるその息子を演じる。
2作目でこの抜擢。ステージでの活躍、そして「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜」効果によるものだろうか。


グッド・シェパード [DVD]
グッド・シェパード [DVD]

エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役
同年 その5 「グッド・シェパード」 エドワード・ウィルソン・ジュニア役

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その6に続く。

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その4

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その3

2006年、エディ・レッドメイン( Eddie Redmayne )は24歳を迎える。
スクリーンへのデビューを飾る。
映画「悪魔のルームメイト(ザ・デンジャラス・マインド) Like Minds」で主役のAlex Forbesに。
癖のある17歳の名門寄宿学校の生徒という役をエディ・レッドメインは上手く演じる。

Like Minds/悪魔のルームメイト(ザ・デンジャラス・マインド)[日本語字幕無][PAL-UK]
Like Minds/悪魔のルームメイト(ザ・デンジャラス・マインド)[日本語字幕無][PAL-UK]



エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役
2006  その4 「悪魔のルームメイト」 Alex Forbes役

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その5:に続く。

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その3

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その2

2005年、エディ・レッドメインは23歳となる。

歴史ドラマ「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜 Elizabeth I」 に出演する。
主なキャストはヘレン・ミレン、ジェレミー・アイアンズ、ヒュー・ダンシ-。
演出は当時33歳のトム・フーパーだ。
このドラマには彼の歴史への情熱が込められている。

エディ・レッドメインはサザンプトン伯を演じる。
長髪で、エリザベス1世の寵臣であったヒュー・ダンシ-演じるエセックスより服装が派手で、馬から降りるのに手間取る役だ。
バリケードも登場する。

エディは舞台で様々な賞に輝くのだが、彼が最初の歴史ドラマで演じた役がシェイクスピアの庇護者であったというのは、何か面白い縁を感じる。

「エリザベス1世」はエミー賞を9部門で獲得した。


エリザベス1世 [DVD]
エリザベス1世 [DVD]


エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」
2005  その3 「エリザベス1世」 サザンプトン役


エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その4:に続く

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その2

前記事
エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その1

2003年、エディ・レッドメインはソープオペラ「Doctors」の1エピソードに端役として出演する。
これがテレビドラマでのデビューとなる。

同年、ケンブリッジのトリニティ・カレッジを卒業する。

2004年、22歳となる。
この年、エディ・レッドメインはピューリッツァー賞にノミネートされたThe Goat, or Who Is Sylvia?という劇にBilly Gray役で出演する。
この役により、50th Evening Standard Theatre Awards のOutstanding Newcomer賞を受賞する。

エディ・レッドメインは舞台で頭角を現しつつあった。


.

エディ・レッドメインのここまで

1982 誕生
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役
2003-04 その2 「Doctors」「The Goat, or Who Is Sylvia?」


エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その3:に続く。

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その1


画像・動画を探す方法
こちら

エディ・レッドメイン(Edward John David "Eddie" Redmayne)は1982年1月6日、ロンドンに生まれる。
母パトリシアはリロケーションビジネスを運営しており、父リチャードはロンドンのビジネスマンである。
両親の勧めもあり、子供の頃から演劇のレッスンを受けていた。

エディは2000年にイートン校を卒業した。
http://www.etoncollege.com/Home.aspx

イートン校



エディはケンブリッジのトリニティ・カレッジに入学する。
専攻は美術史。

2002年、エディ・レッドメイン Eddie Redmayneは「十二夜 Twelfth Night 」のヴァイオラ役で演劇のプロとしてのキャリアを始める。
何とエディ・レッドメインのメジャーステージレビューは女性役であった。
法曹院ミドル・テンプルで演じられたこの劇の動画は、後に発掘されて評判となる。


エディ・レッドメインのここまで


1982 誕生
2000 イートン校を卒業
2002  その1 「十二夜 Twelfth Night 」 ヴィオラ役

エディ・レッドメインが映画「レ・ミゼラブル」のマリウスを演じるまで その2に続く。

レ・ミゼラブル ロンドンのキャスト(注意:2013年6月15日までのものです!!)

ジャン・バルジャン Jean Valjean GERONIMO RAUCH 
ジャベール Javert TAM MUTU
ファンティーヌ Fantine CELINDE SCHOENMAKER
テナルディエ Thénardier CAMERON BLAKELY
マダム・テナルディエ Madame Thénardier VICKY ENTWISTLE
エポニーヌ Eponine DANIELLE HOPE
コゼット Cosette SAMANTHA DORSEY
アンジョルラス Enjolras CHRISTOPHER JACOBSEN
マリウス Marius JAMIE WARD
リトル・コゼット Little Cosette Isabelle Allen
リトル・コゼット Little Cosette Lois Ellington
リトル・コゼット Little Cosette Ashley Goldberg
リトル・コゼット Little Cosette Sarah Huttlestone

キャスト変更はこちら
小芝居ブログ: 「レ・ミゼラブル」ロンドン公演 2013年6月17日からのキャスト変更:

クィーンズ劇場 Queen's Theatre ロンドン



2004年4月12日より、『レ・ミゼラブルLes Misérables 』を公演中。
オーナーはDelfont Mackintosh Theatres。

1907年10月8日に開場。
1940年9月、ドイツ軍の爆撃によりファサードやロビー等が破壊される。
以降ほぼ20年間閉鎖。
1959年7月8日再開場。

(上記のストリートビューでは手前と奥の外観が異なる。左部分が開場当時のオリジナル、右半分が爆撃の被害から修築された部分と思われる)


客席数:1099

地図


関連サイト
ロンドンのミュージカル劇場まとめ: クィーンズ劇場: 『 レ・ミゼラブル Les Misérables 』:

映画でリトル・コゼットを好演したイザベル・アレンはロンドンの舞台でも活躍中(注意:2013年6月15日で交代となりました)

(注意:2013年6月15日で交代となりました)

映画でリトル・コゼットを好演したイザベル・アレンはロンドンの「レ・ミゼラブル」のステージでもリトル・コゼットを演じています。


リトル・コゼット
Isabelle Allen
Lois Ellington
Ashley Goldberg
Sarah Huttlestone



4人目のSarah Huttlestoneは映画でガブローシュを演じたDaniel Huttlestoneの妹です。


ロンドンの舞台へ行かれる方はキャストに注意しましょう。
旅のネタが増えます。
クィーンズ劇場のキャスト一覧ボードには、俳優の名前のみ表示されています(姓のアルファベット順)。子役は右下の別枠にあります。